toggle

人の雰囲気や空気に敏感過ぎて辛い

【自分の特性(HSP)を理解する】

感覚が繊細な人や、神経が過敏になっている人は、人のちょっとした振る舞いや言動にも違和感や攻撃性を感じ取ってしまったり、本来ならば気にしなくてもいいことまで、何か意味があるのでは?何か怒っているのでは?何かを隠しているのでは?などと疑心暗鬼になって、とても疲れてしまいます。

そうした傾向のマイナス面を見れば、社会にでることが不安になったり、人と関わることに自信を持てなくなることもあるでしょう。しかし繊細さや敏感さが長所となるプラス面があることも忘れてはいけません。例えば対人援護職や教育職などは相手の微妙な感情を読み取る力がある人のほうが向いていると言えますし、技術職や芸術家などの感性で創造する個人でできる仕事なども力が発揮できるかもしれません。感覚が繊細すぎる人にとって、このように自分の特性に合った場所や相手を探すことは、人生を長い目で見た場合、大切なことかと思います。

参考HP.⇒ HSP(過度に敏感な人)についてのHP

関連記事 ⇒ 「HSPでお困りの方へ」

関連記事 ⇒ HSP|人が好きでも孤独を選ぶ

また、心理学的な知識を身につけて他者との交わり方を工夫したり、物事や人の捉え方を見直して認知の歪みを補正する試みは、精神的に動揺しにくくなるという点で大きな効果が期待できます。

いずれにせよ、自分の特性に向き合ってそれをよく知ることが対応への第一歩。その上でうまくその特性と付き合いながら過ごす方法を一緒に探してみませんか?リフレイムは、HSPでお悩みのお客様の気持ちが落ち着くまでは、話を聞くだけに徹しますので、まずは一度話を聞かせてください。ペースもお客様にお任せしますので、ゆっくりと始めてみましょう。