toggle

腰の痛み・違和感

【腰の痛み・違和感|原因と対応】

【原因】

原因のひとつは疲労ですが、実際には腰痛の約8割は原因不明と言われています。よって筋肉や関節の問題以外にも神経の問題、内臓の問題、精神疾患など様々な原因が考えられますので、注意が必要です。何をやっても変わらない場合は、病院で検査を受けることをお勧めします。

【対応】

〇疲労性の腰痛・軽度のヘルニア・椎間関節症

疲労性の腰痛は、背中から脚にかけての体幹と呼ばれる部位を調整することで痛みは軽減します。また腰椎を調整することで、軽度のヘルニアや椎間関節症を緩和します。

〇重度のヘルニア・狭窄症・すべり症・分離症

専門医の治療を受けてください。尚、状態によっては若干痛みを軽減できますのでご相談ください。

〇ぎっくり腰

基本的には2日間ほど絶対安静が必要です。即患部をアイシングしてください。(アイシングは2日間ほど定期的に続けます。素早い対応で悪化を抑えることができます)その後、調整いたします。※リフレイムは階段で上がった二階にあります。酷い腰痛の方には階段はお勧めできませんので、よろしくお願いします。