toggle

薬を使いたくない(うつ・自律神経失調症)

【抗うつ薬や睡眠薬、サプリなどをできるだけ使いたくない】

人間の体には、生体恒常性を維持する力:ホメオスタシスがあります。自然治癒力とはホメオスタシスによって薬や手術などに頼らず、ケガや病気を治す機能のことです。ところが加齢とともに、その機能も衰え始めます。その上、不摂生やストレス、薬やサプリへの過度な依存、歩かない生活などに見られる現代社会特有の問題が、更なる機能低下に拍車をかけているのです。

例えば、サポーターは体を安定させ、弱った筋肉の補助に有効ですが、使い続ければ周辺筋肉は以前より弱くなります。それは、脳がサポーターを筋肉だと勘違いして、その部分の再強化の必要性を排除してしまうからです。その結果、サポーターを手放せない体になってしまいます。

これと同じように、健康であるにもかかわらず慢性的に薬やサプリに依存するようになれば、全体的な機能低下の可能性も否定できないというわけです。

※もちろん薬やサプリは医師の指導の下、正しく使えばとても効果的ですし、うつなどの精神疾患でも、薬とカウンセリングの併用が効果的な場合が数多く存在します。問題なのは無知による乱用と過度の依存です。

必要十分な食事・睡眠・運動により、ホメオスタシスは強化され安定します。ただし、どうしても仕事や置かれている状況によっては、それらの確保が難しい場合もあるでしょう。もし、薬やサプリを使わなくてもいい段階で、何か効果的な方法を探しているようでしたら、整体施術やリラクゼーションをお試しください。皮膚を通した過度な刺激が体内の機能を活性化させて、ホメオスタシスの強化の一助となることでしょう。

関連記事 ⇒ 「リフレイムのボディケア」