toggle
2016-12-23

これって心の病気?

心の病気かどうかの自己基準

心の病気

体調や精神状態を客観的に見つめたときに、どの段階でメンタルクリニックへ行かねばならないか?についての個人的見解ですが、それは「日常生活に支障が出始めたら」かと思います。例えば、朝起きられなくて会社に遅刻してしまうことが増えた、夜眠れなくて日中に居眠りを繰り返す、仕事や家事の途中で息苦しくなったり眩暈がしたりして集中できない・・・などですね。

しかし問題は、日常生活に支障が出ているということは、既にかなり悪い状態だということです。言い換えると回復にかなりの時間を必要とする段階になっている。だから、「これくらい気合で!」と頑張って乗り切ろうとすれば、決定的に悪化する可能性が大です。そうなると、仕事も家事もできなくなってしまいますから、それこそ本末転倒の選択です。

精神の問題は見えないだけに、多くの人が「頑張って」乗り切ろうとしますが、頑張るにも程度があります。目に見える状態になってからでは遅いので、「どうもおかしいな・・・」という段階で、対策を考えるのが一番。

何度も書きますが、病院の検査で問題がないと判断されたにもかかわらず、明らかに普段とは様子が違う不調が続いたら「頑張って乗り越える」選択をする前に、ご相談ください。大事なのは、今だけ頑張ることより、長持ちすることですから。。

関連記事 ⇒ 喉のつまり・息苦しさが気になる

関連記事 ⇒ 緊張性の頭痛で辛い

関連記事 ⇒ 自律神経の不調で眠れない


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です