toggle
2017-03-07

ブレるときは遠くを見て

ぶれるときは遠くを見る

いろいろ重なってパニックになったり、追い詰められてブレまくったり…ネガティブな思考の持ち主は、つい最悪を考えてジタバタしてしまいがちです。結局ジタバタしたところでどうにもならななかったし、後に振り返って自分の行動に後悔するのも毎度のことですよね?

でも考えてみると、今まで生きてきて想像した通りの最悪のことなんて起きたことありますか?そこそこ悪いことなら起きるでしょうが、最悪なんてことは稀なはず。

それでもどうしてもパニックになったり、ブレまくってしまうというなら、それは近くの未来を見過ぎているのかもしれません。

綱渡りをする人を見ているとわかりますが、彼らは足元を見てバランスをとるのではなく、目標地点を見ながらバランスをとっています。足元ばかり見ているとその場をどうするかで精一杯になって脚が止まってしまい、結局バランスが崩れるからでしょう。

パニックやブレているときって、足元ばかり見ていませんか?

だからそういうときこそ、少し遠い未来のなりたい自分を見てみるといい気がします。今がどうであろうと、これはそこに向かうために必要な道のりだと思えたなら、少しは気分も落ち着きそうです。

最悪のときこそ、少し遠い未来を見る。そこに何も見えなければ、どうなりたいのか、どこに行きたいのか考えてください。恐怖や不安に打ち勝つのは未来の希望です。決して自分のネガティブな想像に飲み込まれてしまわぬように。

ということで、また会う日までお元気で。。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です