toggle
2017-04-14

思考ばかりで行動できない

思考ばかりで行動できない

思考ばかりで行動できない

頭で結論を考えてしまい、行動に移せない人は割と多いのではないかと思います。今回はやる気に自らブレーキをかけてしまう人の話を、目標設定と時間の関係に絞って考えてみます。

ブレーキ・・・「今月休まずに頑張ったとしても、月間目標達成は無理だからなぁ」
アクセル・・・「今から1時間頑張れば、昼ご飯だ~!」

ブレーキ・・・「30日間食事制限して何kg痩せれるの?それに毎食でしょ?無理無理」
アクセル・・・「夜はササミの茹でたのとキュウリのキムチ和え?あ~ビール飲みたい」

いろいろとツッコミどころはありますが、、例に挙げた二つのパターンの一番の違いは、時間の区切り方が短い目標設定のほうが、行動にブレーキがかかりにくいということです。その理由は、「時間設定が短いと、小さな目標しか立てられない」ことにあるように思います。小さな目標であれば、小さなエネルギーで行動できる。また乗り越えやすいから達成感を得る機会が多くなる。結果、自分に○をあげやすい(自己肯定感はココロを救う!)ということ。言い換えれば、気軽に満足を重ねられるということです。

反対に時間設定の大きな目標はそれなりのエネルギー量を必要とします。気持ちを高める必要もあるし、それを持続させる必要もある。達成できれば大きな喜びにつながりますが、できなければそれなりの代償を払うことになるので、リスクや負荷を想像してブレーキをかけてしまうわけですね。

このように目標設定と時間の関係を考えると、思考が先行して動けなくなる人の多くは「人生の目標!」とか、「生きる理由!」、「あるべき姿!」など、抽象的で大きすぎる目標設定に問題があるのかもしれません。

もし心当たりがあるなら、今から早速目標設定を細切れに変えてみましょう!とりあえず、寝る前に歯磨きする!とか、この引き出しの中だけ綺麗にする!とか。。。で、達成する度に自分に〇をつける。動き出すための簡単なリハビリだと思ってやってみてください。そして〇を積み重ねて自己肯定感が安定したなら、もう一度、今度はじっくりと壮大な夢を描いてみてはいかがでしょう。

それではみなさん、また会う日までお元気で。。

※今回は目標設定と時間の関係です。(実際にはそれだけではありません)


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です