toggle
2017-01-26

HSPでお困りの方へ

HSPとは、エレイン・N・アーロン博士によって提唱された考え方で、Highly Sensitive Person (極度に敏感な人)の略です。彼女の研究によると、人類の20%はHSPであるということです。割合についてはいくつか説が出ていますが、研究内容に関しては現在のHSPの考え方の基礎になっています。

【長所的特徴】
・多角的に情報を読み取れる・繊細な思考ができる・慎重で思慮深い・気配りができて優しい・想像力に富む…など

【短所的特徴】
・情報過多で混乱しやすい・突発的対応が苦手・思考先行で行動が鈍る・他人や環境に振り回される…など

他にもいろいろありますが、マイナス面を見れば、傷つきやすく神経が緊張しやすいので、原因不明の不調に悩まされたり、酷いときには精神疾患のきっかけになることもあるでしょう。しかしHSPは病気ではなく、その人特有の気質や性格です。自分の気質をよく理解した上で工夫して対処すれば、よりよく生活できますし、原因を探って対処すれば気質にある程度の変化を起こすことも不可能ではありません。

一方で、HSP傾向により後天的に気質のバランスが悪くなるという場合があります。特に対人関係において、自分を抑える傾向が強い場合。抑うつ状態と同じような悪影響を思考や体調に及ぼすことが考えられるので、この場合は早めの対処が必要になります。

上記の理由により、リフレイムでは主に抑うつ状態を引き起こす過度な「自己評価の低さ」からアプローチを試み、成長段階での親からの歪んだ愛情(根拠のない厳しさ・自己満足的しつけ・過保護・ネグレクトなど)で、自分を抑えて、親の機嫌や他者の目線、世の中の価値観を意識せざるを得なかった状況について、カウンセリングを行っています。

また、私の専門の認知行動療法は自分の思考のパターンにアプローチして、より生きやすい方法を自ら構築する方法ですから、HSPの影響で生じた認知(思考)の歪みの見直しにはお勧めの方法の一つです。特に他者に影響を受けやすいことで辛い思いをしているなら、言動や行動の受け止め方を合理的に見直すことで、随分楽になると思います。

最近では、HSPはもちろん、空気を読み過ぎたり、気を遣いすぎる傾向にある人の勉強会や少人数での交流会を企画して、抑えていた感情を吐き出す会話療法などに取り組んでいます。※自分の感覚に近い人と意見を交わすことがHSPの改善に高い効果を上げることは実証されています。

力を抜いて自分らしく生きることは難しいことですが、今よりも生きやすくするために、歪んだ思考をフラットに近づけることでしたらやってみる価値はあると思います。少しでも皆さんが楽になれるよう、カウンセリングだけでなく、勉強会や交流会を通じても知識や方法、環境を提供したいと考えていますので、興味ある方はいつでもお問い合わせください。

関連記事 ⇒ HSP|人が好きでも孤独を選ぶ

関連記事 ⇒ 自分を知る心理学ワークショップ

関連記事 ⇒ HSP交流会


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です