toggle

自己認識と自己開示

自己認識と自己開示の試み

~オープンダイアローグ的アプローチ~

◆思い

自分に自信のない人ほど、他者の影響(主に親)による自己否定の傾向が強く、自己理解が不十分で自己開示や自己表現がとても苦手です。また自責感情や他者への怒りが蓄積されて、抑うつや様々な精神疾患発症の可能性も高まります。そういった傾向を持つ方の多くは、思考優位の傾向があるともいわれています。言い換えると考え過ぎてしまうということです。

現在「オープンダイアローグ」という心理療法がヨーロッパを中心に世界的に広がりを見せているのですが、これは対話を軸とした相互理解を通じて症状を改善させていくという画期的な療法。言い換えると、対話を通じた相互理解(主に自己理解)には、自己否定傾向を改善し、安定した精神状態を獲得するという効果が認められているということです。

そこで、リフレイムのカウンセリングでは、自己認識を重要な課題と捉えた上でクライエントとの対話を行っています。方法との相性が良ければ「自分がどうしたいのかわからない」「何が好きかわからない」が「私は~のように生きたい」「~がしたい」のように、自分主体の考え方ができるようになることが期待できます。

また、以前より「心理学カフェ」という、テーマに応じて自分の考えを発表し意見交換を進めながら自己理解をするワークショップを行っていますが、参加されたお客様より頂く意見として多いのが、「だんだん自分というものが明らかになってきた」「どうやって生きていけばいいかということに対し腑に落ちることが増えてきた」といった感想です。これはまさに「オープンダイアローグ」における効果に類似するものであり、自己理解を深める為の新しい可能性でもあります。

上記のように自己理解を進めることが、精神の安定につながることが解明されていることも踏まえ、リフレイムではカウンセリングに加え、2020年からは2種類の対話を軸にしたワークショップを展開することにしました。深く考えるのが好きな方や心理学に興味の有る方、また精神的な不安定さを脱してこれからをどう生きていくかを課題とされている方にお勧めのワークショップです。興味の有るみなさん、この機会に私と一緒に深まりませんか。

◆自己認識と自己表現の試み(下記のリンクより詳細ページへ)

① カウンセリング ~カウンセラーとの1対1の対話~

・ご自身の日常生活での選択から、隠された本質を引き出していきます。心が動いた事項についての説明と質問を繰り返すことで、自己理解を進めていきましょう。自己理解が進むほどに、自信の意味を体感できるようになります。また、ワークショップのフィードバックに利用するのも効果大です。

② 心理学カフェ ~テーマを設けた少人数グループ対話~

・各回テーマがありますので、まとめてきた自分の考えを参加者の前で発表していただいた上で意見交換を進めていきます。心理学的なサポートも致しますので、継続参加で効果が徐々に実感していただける内容です。

③ 対話カフェ ~テーマ持ち込みの少人数グループ対話~

・それぞれの参加者の興味の有ることや深めたいトピックを発表していただき、持ち時間内で意見交換を進めていきます。心理学的なサポートも致しますので、継続参加で効果が徐々に実感していただける内容です。

④ オンライン・対話カフェ ~オンライン版・対話カフェ~

・当面の間、対面企画②③を自粛いたしますので、オンライン版をご検討ください。

 

◆関連ページ ⇒ 自信のなさという病に

親子関係に端を発する自信のなさが及ぼす生活への影響と、自信の回復におけるポイントについてまとめてあります。