toggle
2016-12-15

不安定なときほど日常を大切に

うつから立ち直る大事な道のり

弱り切ったものを一気に直すなんてことはできません。病気でも怪我でも症状が重いほど入院も長期間になるのは当然のこと。長期間頑張り続けてダメになったのなら尚更そうでしょう。それと同じように、心の問題も回復には一定の時間が必要です。まずは「休むこと」、それが一番大事なことだと思います。

しかし一方で焦る気持ちもわかります。時間は容赦なく過ぎていきます。社会人ならば立場上の責任もありますし、家庭があれば養う責任もあるでしょう。そのように守るものがある人に、「休め」というのもなかなか厳しい話です。

ただそこで少し考えて欲しいことがあります。家族を守ったり、仕事や学業に頑張りたいという大きな目標の前に、3食きちんと食べる、毎朝ちゃんと起きて顔を洗って歯を磨く、部屋を片付ける・・・などの日常の小さなことをやれていますか?そんなことやってる場合ではない!と思う前によく考えてください。

例えば、脚力なんて関係ない!、体力なんてどうでもいい!と、気持ちの勢いだけでマラソン大会で優勝を狙っても勝負にならないのはわかりますよね?もしあなたが、日常なんて関係ない!自分のことなんてどうでもいい!という気持ちで無理矢理に復帰を目指しているとしたら、それは先程の例と同じで、ただただ無謀なチャレンジだとは思いませんか?

何度も言いますが、焦るのはよくわかります。しかし焦って更に深く折れてしまったら、今度こそ立ち上がるのは容易ではありません。回り道のように思うかもしれませんが、一番の近道は日常の小さなことから立て直すことです。それは大きな目標を目指すための最適な準備だと思います。あなたはこれからも長きにわたり走り続けなければならないのですから。。

まずは、少しずつ小さなルーティンから始めて日常から立て直してみませんか?それでもどうしても焦ってしまうのなら、お話を聞くなかでいくつかの良い方法を提案できますので、いつでもご相談ください。心も体もバランスをとれるようにお手伝いします。

関連記事⇒ 薬を使いたくない(うつ・自律神経失調症)

関連記事 ⇒ 自律神経の不調で眠れない

関連記事 ⇒ リフレイムの心理カウンセリングについて


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です