toggle
2018-01-15

精神的な嫌がらせをする人

モラルハラスメント(精神的嫌がらせ)をする人

恋人・友人・夫婦・親子・職場・学校などで人間関係に悩む人は多いと思います。「人の悩みのほとんどは人間関係だ」という心理学者もいるくらいですから、皆さんも今までに何度かそういう悩みを持ったことがあるかもしれませんね。

今日はその原因のひとつとなる、精神的な嫌がらせをする人についての話。

それは、モラルハラスメント(精神的な嫌がらせ)という言葉で説明される状況を起こす人のことです。普段からこの種類の相談は多いですが、クライエントがよく口にするのは「私にも悪いところがある」「怒る理由がわからないわけではない」といった反省です。

しかし残念ながらモラルハラスメントの場合、相手の嫌がらせは反省を伝えたところで収まるものではありませんし、一旦落ち着いても、次の新しい問題について攻撃を仕掛けてくるという繰り返しになるだけです。では、どうすればいいのでしょう?

状況は様々ですから万能な対処法を書き記すことはできませんが、被害を受けているのなら、ひとつだけ知っておいた方がいいことがあります。それは、精神的嫌がらせをする人は、その行為に罪悪感を持っていないということです。なぜなら、精神的嫌がらせをする人は、多くの場合自己愛的な性格の持ち主だからです。それは自分の価値や権力や能力を賞賛してもらうことで満足感を得る人たちのこと。ゆえにそれを得るためなら何でもします。客観的にはどんな酷い方法でも、本人は正しいと信じていますから厭わないのです。(そのひとつが、自分には叶わないと信じさせたり、愛情ゆえの行為であると思わせていき、被害者側に「自分が悪いかも?」と反省させるような巧みなテクニックです)

以下は、DSM-5(精神疾患の診断と統計マニュアル第五版)の、自己愛性人格障害の診断規定です。5つ以上当てはまれば人格障害と診断されますが、ここでは、自己愛的な性格の持ち主の傾向を知るための参考資料として紹介します。

  1. 自分が重要であるという誇大な感覚(例:業績や才能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する)。
  2. 限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。
  3. 自分が“特別”であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達(または団体)だけが理解しうる、または関係すべきだ、と信じている。
  4. 過剰な賛美を求める。
  5. 特権階級(つまり、特別有利な取り計らい、または自分が期待すれば相手が自動的に従うことを理由もなく期待する)。
  6. 対人関係で相手を不当に利用する(すなわち、自分自身の目的を達成するために他人を利用する)。
  7. 共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。
  8. しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。
  9. 尊大で傲慢な行動、または態度。

6番以降の項目は、専門家ではない人から見ても思い当たる部分があるのではないでしょうか?

もちろんどんな人でも時にはこういった傾向を持ちますし、実際に誰かを傷つけてしまうこともあるでしょう。しかし、自己愛的な性格を持つ人との大きな違いは、それをした後に自分も傷ついたり、深く反省することです。先にも書きましたが「自分にも悪いところがある」という感覚を持てることです。

また、精神的嫌がらせをする人は、そういった「自分も悪い」と思って強くは抵抗しないような繊細な人、言い換えると満足感を得やすい相手を見つけるのにとても長けていることも特徴です。

無意識とはいえ、こういった戦略的背景を持ち、自己満足に一番の価値をもつ(場合によっては精神疾患と捉えられる)相手に対して「話し合って分かりあいたい」「本当はどう思っているのか教えて欲しい」「自分の正しさを認めさせたい」という考えが叶うことは、残念ながら稀でしょう。彼らにとって相手を認めることは、自分が負けることに等しいからです。(生きる意味が無くなるといってもいいでしょう)ですから、それを押し付ければ更なる攻撃を仕掛けてくるだけかと思います。

(もう少し付け加えると、今世の中で問題となっている【ストーカー】と呼ばれる人たちも、自己愛的な性格の持ち主です。そういった例からも、話し合って分かり合うことの難しさがわかっていただけるでしょうか…)

精神が歪んだ世界では「話せばわかる」が通用しないことが多々あります。例えそれが正しいとしてもです。ですから、そういったことに巻き込まれたときに、自分は間違っていない!と心が壊れるまで耐え続ける必要はありません。何度も言いますが、相手はそれを悪いことだと考えもしないからです。考えることができないからです。

他人を破壊してしまうような心の闇を持つ人間は、そこここに存在しています。思いがけず出会ってしまった場合は、自分が壊れてしまう前に、できるだけ早い段階で冷静に専門機関に相談して欲しいと思います。

では皆さん、また会う日までどうかお元気で。。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です